陰翳礼賛~chiaroscuro~

Cinematographer 早坂伸 (Shin Hayasaka、JSC) 

◼️BRAHMAN『ナミノウタゲ』MV撮影について

f:id:shin1973:20180122105216p:imagehttps://www.youtube.com/watch?v=28WLJxDIb-I

 

   BRAHMANは「幡ヶ谷再生大学」の一員としてボランティア活動を一貫して行なっている。一過性ではないその徹底した姿には尊敬の念を禁じえない。石巻牡鹿半島の西側に位置する小渕浜も3.11による津波被害で壊滅的なダメージを受けた。BRAHMANはここ小渕浜でのボランティア活動をメインに行い、地元との親密な関係を築いている。震災後の荒涼とした廃墟の中で遊ぶ子供たちの姿を見て、安全に遊べる公園を造った。MV撮影当日もその公園の花壇に球根を植える作業を行っていた。この曲は映画『生きる街』(榊英雄監督、3/3公開)の主題歌となっている。映画のメイン舞台も牡鹿半島の鮎川港。復興ボランティアにも積極的な主演の夏木マリさんはTOSHI-LOWさんに直接電話をかけ主題歌を依頼したと聞いている。映画の撮影のことは別の項に譲るが、このMVも様々な善意のもとで作られた。曲は、BRAHMANたちと交流の深い小渕浜の漁師木村さんの想いが描かれている。津波により妻と長男を喪った木村さんはとある早朝、TOSHI-LOWさんに電話を掛けた。普段は健気な木村さんだが、夢に妻と息子が出て来て海から呼ばれたという。震災後初めて涙したと聞いた。『ナミノウタゲ』の歌詞にはその辺りのニュアンスが含まれている。

  MVの監督は『生きる街』同様、榊英雄さん。榊監督のイメージはワンカットでエキストラがワーっと入ってくるというものだった。監督はクレーンでの撮影を想定していたようだったが、カメラは最低でも180°は回らなくてはならず、クレーンワークでは補えない。それでドローン撮影を提案した。というのも、自分は元々ドローン撮影に半信半疑だったのだが、少し前に手掛けたNGT48『世界はどこまで青空なのか?』(https://m.youtube.com/watch?v=qGBvujY6bjg)MVのドローンオペレーター遠藤祐紀氏(ヘキサメディア)の腕前に感銘し、初めて全幅の信頼を置くことが出来たからだった。監督はドラマ撮影の為ロケハンには帯同できず、かなり責任を感じた。

  まずワンカット撮影と言えども、「展開」が無くてはならないと思った。TOSHI-LOWさんのフレームインで始まりしばらく引っ張り、他の3人と合流、間奏の間にエキストラ合流、大団円で最後は海に向かうーという大まかな構成をした。カメラのオペレート位置、エキストラの待機位置、ドローンの影など、いくつも懸案があってどれもキチンと想定してないと大火傷する可能性もある。具体的プラン練ってそれを監督や遠藤氏と共有し、BRAHMANサイドに説明する為に「SHOT PRO」というアプリを使いシュミレートした。このソフトはカメラの焦点距離、高さ、仰角なども自由に設定でき、オブジェクト(対象物)も豊富に揃っていて自由にレイアウト出来る。タイムラインを拡大出来ないなど、操作上の改善点はあるがかなり優秀なソフトだ。

f:id:shin1973:20180121220625p:imagef:id:shin1973:20180121220651p:imagef:id:shin1973:20180121220814p:imagef:id:shin1973:20180121220844p:imagef:id:shin1973:20180121220948p:imagef:id:shin1973:20180121221028p:image

ドローン、人物の軌道は以下のようになった(前半のみ)。

f:id:shin1973:20180121221346p:image

ドローンはDJI社のINSPIRE2。

f:id:shin1973:20180121214152j:image

2マンオペレーションだが、カメラのパン出来る幅は限られている為、曲線を描く飛行は動線を旋回させながらドローン自体も旋回させる必要がある。これはとてつもなく難しい。遠藤氏も自分からプランを見せられ、「どうしたものかと思った」と後に語った。しかしそのような不安は顔に出さず、飄々と挑戦してくれた。本番前日に何度もリハーサルした甲斐あって、何とtake2でOK! 予定終了時刻を2時間も巻いて終えることが出来た。エキストラに来てくださったBRAHMANのファンの方々も想定以上に早く終えた為、バス待ちが数時間あったが、自車で来た方々が全員を分乗させてくれて石巻市街まで運んでくれた。ファンの結束力には驚かされた。

  写真は参加者全員での記念撮影。とても穏やかでいい日でした。

f:id:shin1973:20180121222726j:image

 最前列左隅筆者、真ん中榊監督、最後列左隅木村さん、最後列右から3人目遠藤氏(ドローンをオペレートしているため下を向いている)