読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰翳礼賛~chiaroscuro~

Cinematographer 早坂伸 (Shin Hayasaka、JSC) 

■ケン・ローチ監督『ジミー、野を駆ける伝説』

先日二度目のパルムドールを獲得したケン・ローチ。昨年公開されたこの作品は未見だった。原題は『JIMMY'S HALL』。ホール(集会所)が物語の根幹であり、ジミーという人物の伝記を描くことが主題ではないのでこの邦題はとてもいただけない。同じアイルランドを舞台にした傑作『麦の穂を揺らす風』をイメージさせる狙いなのだろうが、あまりにも稚拙と言える。以前ローチ作品を配給していたシネカノン岩波映画ならこんな改題は絶対にしなかったはずだ。
抑圧との闘いにおいてスケープゴートとなった主人公及びホールが何を物語っているのだろうか。カソリックプロテスタント、英国との独立戦争アイルランド内戦、共産主義と右派の対立、地主と小作人の闘争、これらの対立軸が入り乱れる混沌。1930年代が舞台だが、反共がファッショを生み出し第二次世界大戦に突入していくことになるのは歴史の事実だ。この混沌の幾つかは今でも偏在するし有り様自体が現代を表しているとも言えよう。ただし、90年代に見られたケン・ローチ怒りや反骨さはやや薄らいだ印象を受ける。近作もファンタジー要素があったりコメディであったりする。年老いたというのは簡単だが、撮影監督というスタッフィングの側面から見てみようと思う。

https://youtu.be/iUQ9s2ex4HE
JIMMY'S HALL オリジナル予告編

ローチ作品で著名な撮影監督は二人。クリス・メンジス(『ケス』『ルート・アイリッシュ』等)とバリー・エイクロイド(『リフ・ラフ』以下90年代作品全て)だ。そもそも師弟関係にある二人がローチ作品に貢献した度合は大きい。シンプルな構図とライティング、ドキュメンタリーに見紛うほどの演技の自然さは、多くの監督達に影響を与えた。英国のマイク・リーポール・グリーングラスベルギーダルデンヌ兄弟などだ。こにドキュメンタリースタイルはハリウッドにまで伝播し、『ハート・ロッカー』や『ユナイテッド93』など一つのジャンルを構成したとも言える。エイクロイドもいまや主な活動地はハリウッドになっている。彼の多忙につきローチはメンジスを再招集したりしたようだが、彼は彼で監督業など忙しい。それで撮影監督は若手に交代したものと見受けられる。『天使の分け前』から担当しているのが70年生まれのロビー・ライアン(Robbie Ryan)だ。


ケン・ローチとロビー・ライアン

彼は公式サイトを持っている。彼の作品を拝見すると、基本的にアンダートーンが好きでコマーシャル、PV、ドラマも担当しているようだ。
http://www.doublex.co.uk

撮影者が変わればトーンも当然変わる。映像がテクニカルになればなるほど、失っていくものもあるはずだ。自分のローチ作品に対する愛着は、その撮影の素朴さにあった。最大の長所が影を潜めているところが違和感を生じさせてる気がするのだ。


撮影は35mmフィルムだがD.I作業をしていると思われる。彩度を抑えて中間から暗部にかけて暗緑色(ティール)に転がしている。明部は立てているようだ。


クライマックスの月光下のダンスシーン。象徴的過ぎるのではないだろうか。若い頃のヴィットリオ・ストラーロロバート・リチャードソンのトップライトを彷彿とさせる。メンジスはともかくエイクロイドは絶対にやらないライティング方だ。

ライティングに正解はない。あるのは監督との、ストーリーとの、観客との相性と言える。齢80になるケン・ローチにはともかくスタイルの一貫を期待するしかない。